COMPACT アブガルシア ベイトリール BIGSHOOTER COMPACT-リール


ボールベアリング7/1 ラインキャパ:16lb-125m/20lb-100m/25lb-85m 自重:239g アルミフレーム
チタンコーティングアルミサイドプレート 大口径ブラス製デュラギアII 95mm長,4mm厚クランクハンドルアーム ドラグクリッカー
7+1 HPCR ベアリング EVAミドルラウンドノブ マグネットブレーキ 最大ドラグ力:7Kg
ギア比:8.0:1 最大ライン巻取:83cm
利用可能な釣り方:タイラバ
主なターゲット:ブラックバス シーバス ブリ ワラサ サバ タチウオ カンパチ ナマズ ロックフィッシュ
アルミボディとチタンコーティングサイドプレート、大口径ブラスギヤを搭載し、ストラクチャーに潜む大物を強引に引きずり出す完全仕様。ハイギヤ8.0:1はバスに主導権を与えることなく、障害物をかわし、ランディングへと誘導することが可能だ。琵琶湖のビッグバスから雷魚、ロックフィッシュといった大物ゲームに対応する。
■アルミフレーム
■チタンコーティングアルミサイドプレート
■大口径ブラス製デュラギヤII(大口径メーカー比 8%UP)
■95mm長、4mm厚クランクハンドルアーム
■MagtraxII ブレーキシステム
■7+1HPCRベアリング
■軽量EVAミドルラウンドノブ
■ドラグクリッカー

商品コード13005927170
商品名アブガルシア ベイトリール BIGSHOOTER COMPACT
JAN0036282943575
型番1286243
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

scrollbars.gif
↑ どうにも逃げ切れないようですね・・・。
元サイトはこちらからどうぞ。
» scrollbars.gif (GIF Image, 280×240 pixels) – Mozilla Firefox

COMPACT アブガルシア ベイトリール BIGSHOOTER COMPACT-リール


Patagonia Better Sweater Vest - Men's Industrial Green メンズ 男性用 アウトドア ジャケット コート アウター
普通のメールではなくて、より感情を伝えたいときにいいかもしれませんね。実際のサンプルもこちらで見ることができますよ。
fuzzmail.gif
【ニッタク】 ライトウォーマ― CUR シャツ 卓球ウェア [カラー:ピーチ] [サイズ:S] #NW-2840-24 【スポーツ・アウトドア:スポーツ・アウトドア雑貨】【NITTAKU】
» Fuzzmail

COMPACT アブガルシア ベイトリール BIGSHOOTER COMPACT-リール


解説も何もないのでよくわかりませんが、スポンジ人間の1日を写真でつづったページがありました。

サッカージャンキー(soccer junky) バックパック SJ15080-21 (Men's、Jr)

↑ ちょwww、何やってんの!
よくわからないので誰か解説してくださいw。でもこういうの作るの楽しそうですね。
» Today is The Day

【ROTHCO(ロスコ) MA-1フライトジャケット ROGT7324 オリーブ M】


easy.gif
エバニュー(EVERNEW) 50φラバーバーベル150kg ETB380

Read more

COMPACT アブガルシア ベイトリール BIGSHOOTER COMPACT-リール


有名かもしれませんが、詳しくは知らなかったのでご紹介。あのかわいいビクターマークの由来について。
hmv.jpg
「期間限定!全品10倍 2/3/20時~2/9/02時迄」16-17 VOLCOM ジャケット L GORE-TEX Jkt g0651704: cam 正規品/ボルコム/メンズ/スノーボードウエア/ウェア/snow/2017・・・。

フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、彼の息子とともにニッパーをひきとりフランシスが育てました。たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれていた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。

DOPPELGANGER ドッペルギャンガー ストレージ バイクシェルター Lサイズ 車庫 駐輪場 自転車カバー DCC374L-BK
» DANSKIN(ダンスキン) 【レディース バッグ】 バックパック DA971507 W ホワイト
ちなみにレコード会社のHMV(His Master’s Voice)の社名もこれに由来しているらしいですね。こちらも知っておくと良いかもしれませんね。
» HMV – Wikipedia